イベントカレンダー(平成30年度 2018年4月〜2019年3月)
4月 5月 6月 7月 夏休み 8月 9月
10月 11月 12月 1月 2月 3月
※イベントへの参加申し込みは先着順(一部抽選)となります。
※電話等で予約の後、参加申込書の提出が必要です。
※電話以外での申し込みの場合、確認に数日かかります。
※( )内の金額は源流人会会員割引価格です。
※表記の内容等は予告なく変更する場合があります。
※小学生以下の参加は保護者の参加も必要です。
4月
21(土) 吉野川紀の川しらべ隊 「ギフチョウをしらべよう」
協力:一般社団法人かわかみらいふ
 国の絶滅危惧U類に指定されているギフチョウの野生での最南限となる貴重な生息地が川上村です。川上村でのギフチョウの発見者、伊藤ふくおさんにギフチョウのお話を聞いた後、春の昆虫を観察します。
11:00〜15:30 定員20名 小学生〜 500円(無料)/川上小中学校生無料 講師:伊藤ふくお(昆虫生態写真家) 川上村ふれあいセンター周辺(川上村北和田) 川上村ふれあいセンター集合・解散
22(日) 水源地の森ツアー
 和歌山市で海へとつながる全長136kmの吉野川紀の川。川上村に連なる山々がその源です。今、この瞬間も私たちにかけがえのない水を届けてくれる源流の森とはどんなところでしょうか。森の入口にそっとおじゃまし、その魅力にふれるガイドツアーです。
※「吉野川紀の川源流−水源地の森」は、一般の方の入山はお断りしています。
※参加費の一部は“環境協力金”として森守募金にあてられます。
※バス代は主催者が負担します。
9:30〜16:30 定員20名 小学生〜 大人4,200(3,400)円/小中高生2,800(2,100)円
28(土) 吉野川紀の川しらべ隊 「森と水の源流館のまわりの野鳥と虫をしらべよう」
 森と水の源流館周辺の春の鳥や虫など身近な生き物を観察します。
10:30〜15:00 定員20名 小学生〜 500円(無料)/川上小中学校生無料 講師:笹野義一・伊藤ふくお(昆虫生態写真家)
ギャラリー展示 「丹生川上神社上社」 4/1(日)〜8/31(金)
 川上写真愛好会「猿侯」による写真展です。今年遷座20周年を迎える丹生川上神社上社で撮影した作品を展示します。
要入館料 一般(高校生以上)400円/小中学生200円
5月
3(祝) 源流学の森づくり (ボランティア)
 30年ほど前に伐採され、再生しつつある天然林を立派な源流の森に戻すべく試行錯誤しています。山小屋を拠点に除伐したり、作業歩道を補修したり、土留めや獣害防止について考えたり、森での交流を楽しみながら活動しています。
9:00〜17:00 定員10名 小学5年生〜 無料
6(日) 吉野川紀の川しらべ隊 「吉野山のコケをしらべよう」
 吉野山の入口で身近なコケを調べます。
13:30〜16:30 定員20名 小学生〜 500円(無料)/川上小中学校生無料 講師:道盛正樹(認定NPO法人大阪自然史センター理事)・木村全邦(森と水の源流館) 吉野山(吉野町) 近鉄吉野駅前集合・解散
19(土) 大滝ダム竣工5周年記念
当日入館無料
27(日) 森守募金キャンペーン/おはなしカーニバル
主催:吉野子育てネットワークのほほん
共催:川上村教育委員会、川上村立図書館、森と水の源流館

 楽しいおはなしの会や人形劇、ワークショップなどが一日開催され、森守募金を呼びかけます。募金協力の方へ記念品プレゼント!
11:00〜15:00 当日入館無料 川上総合センターやまぶきホール
6月
2(土) 未来への風景づくり見本園草刈り (ボランティア)
 大滝ダム建設で全戸移転となった旧白屋地区の生物を観察を行うとともに、人と自然の関わりの中で生き残ってきた大切な生き物を守るために必要な草刈りや外来種の駆除などの作業を行います。
9:30〜15:30 定員20名 小学生〜 無料 旧白屋地区 旧白屋地区駐車場集合・解散
7月
1(日) 水源地の森ツアー
※詳細は4/22(日)に同じ
21(土) 源流学の森づくり・山野草の里交流会(川上村)
 川上村で吉野川源流を守るために活動する「源流学の森づくり」と、桜井市三谷で大和川源流を守るために活動する「NPO法人山野草の里」との間で交流を図ります。
夏休み
8月
4(土) 吉野川紀の川しらべ隊 「水生生物をしらべよう」
TOYOTA SOCIAL FES!! Presents 〜吉野川環境保全プログラム〜きれいな吉野川を未来に残そう
共催:奈良新聞社 協賛:TOYOTA
 蜻蛉の滝周辺で水生生物を調べます。生き物を調べると、その水のきれいさが分かります。また、それぞれの生き物について詳しい解説を聞いて、身近な自然・環境について学びます。
※お申し込み・お問い合わせは奈良新聞社「トヨタソーシャルフェス奈良事務局」 Tel0742-32-2112へ
@10:00〜12:00 A13:30〜15:30 定員各50名(応募者多数の場合抽選) 小学生〜 無料 講師:谷幸三(奈良県水生生物研究会会長) 音無川周辺(川上村西河) 蜻蛉の滝(あきつの小野スポーツ公園)駐車場集合・解散
25(土) 源流学の森づくり・山野草の里交流会(桜井市)
 川上村で吉野川源流を守るために活動する「源流学の森づくり」と、桜井市三谷で大和川源流を守るために活動する「NPO法人山野草の里」との間で交流を図ります。
9月
8(土) 源流のつどい 「川上村の巨樹めぐり」
 面積の大部分を森林が占める川上村では、吉野林業が始まるよりも昔から、人々の暮らしとともに、山があり、木がありました。長い時間、村の歴史や文化の中にあった川上村の巨樹・古木のいくつかに出会うツアーです。
※バス代は主催者が負担します。
9:30〜16:30 定員20名 小学生〜 大人4,700(3,500)円/小中高生3,000(2,300)円
29(土) 吉野川紀の川しらべ隊 「白屋の鳴く虫をしらべよう」
 旧白屋地区で秋に鳴く虫を調べます。
13:30〜16:30 定員20名 小学生〜 500円(無料)/川上小中学校生無料 講師:伊藤ふくお(昆虫生態写真家)・古山暁 旧白屋地区 旧白屋地区駐車場集合・解散
30(日) 未来への風景づくり見本園草刈り (ボランティア)
※詳細は6/2(土)に同じ
10月
11月
3(祝) 水源地の森ツアー
※詳細は4/22(日)に同じ
23(祝) 源流学の森づくり (ボランティア)
※詳細は5/3(祝)に同じ
ギャラリー展示 「猿侯写真展」 11/1(木)〜1/7(月)
 川上写真愛好会「猿侯」による写真展です。
要入館料 一般(高校生以上)400円/小中学生200円
企画展 「川上村の身近な野鳥写真展」 11/8(木)〜3/31(日)
 森と水の源流館周辺で見られる野鳥を中心に、川上村の身近な野鳥を写真で紹介します。
要入館料 一般(高校生以上)400円/小中学生200円
12月
1月
26(土) 源流のつどい 「御船の滝氷瀑ツアー」
 厳しい寒さが続くと見事に凍る御船の滝。滝まで片道約2.5km、標高差約300mの先には自然の神秘が見られます。滝を見た後は、山の幸のバーベキュー等で暖まります。
※バス代は主催者が負担します。
9:30〜15:30 定員20名 小学生〜 大人4,700(3,500)円/小中高生3,000(2,300)円
御船の滝までの林道井光線は冬季通行止めです。井氷鹿の里もりもり館に車を停め、必ず歩きましょう!
※村内道路の通行止め情報については、川上村役場(http://www.vill.kawakami.nara.jp/)をご確認ください
2月
3月
その他
山の神の日
 「山の神の信仰」は日本遺産“吉野”の構成要素の一つです。川上村では毎年1月、6月、11月の7日は山の神の日としてお祭りします。朝一番に神事を行った後は、山に入ることも山の道具をさわることも許されません。森と水の源流館では村有林として「吉野川紀の川−水源地の森」を購入・保全以来、入り口に山の神様をお祀りしています。詳細はお問い合わせください。
10:00〜 見学自由
ギャラリー展示 展示作品募集中!
 森と水の源流館の階段ギャラリーに展示する作品を募集しています。
<募集要項>
壁面の展示版に収まるサイズのもの
9点1組のもの
作品のテーマは問いませんが、当館の事情によりお受けできないものもあります
作品の破損・紛失の責任は負いかねます
出展に対する謝金はありません
出展費用はご負担ください
※イベントへの参加申し込みは先着順(一部抽選)となります。
※電話等で予約の後、参加申込書の提出が必要です。
※電話以外での申し込みの場合、確認に数日かかります。
※( )内の金額は源流人会会員割引価格です。
※表記の内容等は予告なく変更する場合があります。
※小学生以下の参加は保護者の参加も必要です。
4月 5月 6月 7月 夏休み 8月 9月
10月 11月 12月 1月 2月 3月